スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいべつ 

昨日はハメをはずしまくりAM3時近くまで呑んだくれ、かなりの二日酔いです。
こんばんみ。あきぽんです。

今日はキャベツの種を播いたので、そのお話です。
何で「かいべつ」と書いたかというと、昔よく年寄り連中がキャベツのことを「かいべつ」といっとったわけです。・・・ただそれだけ。

話変わって、キャベツの種を播いたのは6月15日。
キャベツの本当の種はすっごいちっちゃいゴミみたいなものなのですが、うちでは作業の効率化と発芽率の良さからコーティング種子を使います。
P6150003.jpg

↑この「播種板」というものに、小さなくぼみがありそこに種が一つずつ入れれるようになっています。
土を敷き詰めた箱にイボイボが付いたローラーをコロコロさせ、土にくぼみを作ります。
P6150002.jpg

そして、播種版と土のくぼみを合わせてから種を落としてやると
P6150001.jpg

こんな感じで種がきれいに播くことができます。
このあと上から土をかぶせればOKっちゅうわけです。

このコーティング種子、乾かしたり熱を与えすぎるとすぐに発芽してしまうので、うちではひんやりとした納屋の中で種を播き、2~3日納屋の中に置いておきます。
こうすることによってお日様が当たり乾きすぎると言うことや、暖かくてすぐに芽が出ると言うこともなくなるのです。
ひんやりとした納屋の中で土の中にある微量な水分だけを吸い込み、ハウスの中に並べて水をかけたらたった1日で芽が出てきました。
P6230006.jpg

・・・昔、だいぶ失敗したんですよ。
ハウスの中で種を播いて、芽が出たやつと出ないやつの差が激しく畑に植えるときにかなり苦労しました。失敗は成功の元とはこのことかな?

今年の越冬キャベツの作付面積は60aなのでこのぐらいハウスの中で育苗してます。
P6230008.jpg

ただ今、発芽率99%ぐらいです。(見た感じで)
今年もおいしくていいものがいっぱい取れたらいいな

スポンサーサイト

Comments

ひさしぶりのコメントです!

農業にうとい私にとって、あきぽん。さんの記事はホントに勉強になりますわ。
だってキャベツがどれくらいで成長するのかも知らないくらいですから、、、。
でもキャベツはすっごい好きなんですよ。
千切りにドレッシングかけていくらでもバリバリいけますね。
キャべジンという胃薬があるくらいですから、きっとキャベツは飲みすぎ食べすぎに効くはず、ということはガッツリ飲むときにはおつまみにいいのかもしれませんね。

>スマイリー さん
間違いなかとです。
キャベツには色々な栄養素が含まれているそうですから、んもぉーバリバリいっちゃわなきゃ!ですね。
ちなみにおいらはどこのメーカーのかわかりませんが、「バジル」のドレッシングが大好きです。あの酸味が効いたのがたまんないんですよぉ~

実家でキャベツを出荷するようになった時にはもういなかったので、こんなふうにキャベツの種を発芽させるなんて知りませんでした。
勉強になります!!


私もキャベツ大好き女☆

サラダも良いし、スープにしてポトフみたいにしてもよく食べます。
でも生野菜が大好き♪な私は千切り(ザクギリ?)にマヨネーズ☆これが最高!!

今年も美味しく育って欲しいです。

>ちからママ さん
今のところ順調です。
これからも更新していきますので、よろしくぅ~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kuttemi.blog59.fc2.com/tb.php/97-c060b0fa

北海道 田舎 旭川
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。